3月4日開催!キルタン&クリスタルボウル〜音のヨガで魂のデトックス〜

さて、3月!大分暖かくなってきましたね!!

アーユルヴェーダ的に言うと、春はデトックスの季節。
食事やヨガや、トリートメントでデトックスを始めましょう。

今回は、音のヨガで心身をデトックスさせるワークショップのご案内です。

音のヨガ?

はい、音のヨガ。

まずは小型のオルガンのような「ハルモニウム」という楽器の伴奏による「キルタン」という歌。サンスクリット語だったり、日本語だったり。
ピュアになれる歌たちを聞き、また一緒に口ずさみます。

そのあとはスタジオにも置いてあるような「クリスタルボウル」をたくさん並べ、参加者は寝転んで響きの中に身を投じ、ディープリラクゼーションタイム。

優しい誘導と心地よい響きに身を任せながら心も体も開放していくことで、溜まっているものをどんどんリリースしていきましょう。

詳しくは、こちらからどうぞ↓

WORKSHOP

200時間ヨーガ講師養成講座、無事終了しました!

寒いながらも、少しずつ春めいてきた今日この頃ですね。特に今日は暖かな1日でした。

そんな中、チャンドラで開催していた200時間のヨーガ講師養成講座が無事に終わりました!

9月から始まって、5ヶ月半。
気が遠くなるような長い時間に思えた講座も、終わってみればあっという間でした。

受講生の方々は、既に教えてみえるインストラクターさんから、ヨガ初心者の方まで、お仕事もそれぞれの個性豊かな7人。

7人という少人数でしたが、みんながとても素晴らしくて、本当に人に恵まれました。

 

 

とはいえ、ヨガの深まり度合いが人それぞれで、それなりに苦労したり悩んだり、憤る日々もあったことと思います。

それでも、受講生7人がお互いに励まし合い、切磋琢磨しあってここまで来ることができました。
経験のある受講生がビギナーの受講生をサポートすることで新たな気づきが得られてお互いの学びになる場面も多々あり・・・。

最終日のデモンストレーション発表は本当に素晴らしく、皆様の成長に驚かされました。

素晴らしい成長の場に携わりながらそのお手伝いができ、心の底から喜びが湧いています。
そして・・・・・

なんと、私まで修了証を頂きました!

思わず泣いちゃいましたよ。。

 

さあ!

ここからが、皆さんのスタートです。

どんな風に今回の学びを生かしていくかは、人それぞれ違うかもしれませんが、「ヨガ」という、一生付き合えるツールで、さらに人生を輝かせていかれることを、心から願っています。

そして、私も前を向いて。

今年も第二期を開催することにしました!
近々、受講生の皆さんの声を載せる予定なので、迷っている方・気になる方は、チェックしてみてくださいね。

ヨガをする頻度はどの位がいいですか?

タイトルのような質問をよく受けます。

ヨガを続けるに当たって、どうなりたいかで変わってきます。

どんなものか、ちょっとやってみたいだけなら、まず体験。

ヨガの雰囲気を味わい、その場だけでもリフレッシュしたい、という方は月2〜3回。

コンスタントに続けたいなら、やはり週に一度は取り組みたいです。

そして、本当に自分自身の内外にはっきりとした変化を感じたいのであれば、週に2〜3回。

心も身体も変わって来ます。

月に2〜3回では、柔軟性を身に付けるのも、肩こり緩和も、なかなか簡単ではありません。

本当は、ヨガは毎日やるものですから。(マットの上でするだけが、ヨガではありませんよ)

とはいえ、忙しいし予定もいろいろ入るので、毎日1時間ずつ取るのは大変ですよね。

そんな方は、一日5分10分でも構いません。

例えば、スタジオで覚えたポーズを少しやってみる。

隙間時間に呼吸法をしてみる。

そして、レッスンに参加した時、おさらいの気持ちで再確認。

みんな自分のクセがあるので、自己流だけに頼るより、やはりスタジオでレッスンに参加されるのをお勧めします。

そして、通い放題は高いから、と思われるかもしれませんが、週に2〜3回来たらかなりお値打ちです。

せっかくヨガを始めたのなら、一度本気で取り組んでみませんか?

パワー系ヨガと筋トレの違いは?

パワーヨガ、やってみた事はありますか?

チャンドラの水曜日16:00は、安定の人気です。

月曜日の体幹コンディショニングやデトックスヨガ、そしてピラティスヨガも、パワー系。

筋トレ要素の強いパワー系ヨガですが、普通の筋トレと何が違うのでしょう。

まずは、呼吸ですね。

深い呼吸とともに動く事で、酸素をたっぷり取り入れながら行います。

この呼吸は、体の奥からします。

体の奥。そう、インナーマッスルです。

先日お話しした【バンダ】も、インナーマッスルを使います。

インナーマッスルを使う事で、内側から燃焼!  代謝が上がります。

インナーマッスルを効果的に使えるのが、ヨガのいいところ。それを最大限に活かすのが、パワー系ヨガです。

ヨガの先生でムキムキのマッチョな人はあまり多くないでしょう?インナーマッスルを有効に使える事で、しなやかで、でも力強い身体ができるんです。

なぜインナーマッスルがいいのか?

それは、、長くなるので養成講座で詳しくお伝えしています😉

 

パワー系ヨガ、ゆっくり動くので、運動が苦手な方でもご参加頂けますよ。

 

 

ヨガを深めるコツ〜「バンダ」って何?〜

この冬は史上に残るほどの厳しい寒さが続いていますね。
インフルエンザも大流行中ですが、みなさん大丈夫でしょうか。

寒い時こそヨガ!
体の芯から、自分の力で温めることで代謝をアップしましょう!

タイトルの「バンダ」、聞いたことはありますか?

ヨガを長く続けている方は、ご存知かも知れません。
バンダナじゃないですよ。(当然ですね!笑)

締めるとか、封じ込める、ロックする、という意味で、ヨガのポーズをするときに締めるところのことです。
骨盤底、腹筋、喉元の各部分を引き締めることで、体内を活性化させたり、パワーを閉じ込めたりしながらポーズを安定していきます。

力で踏ん張るのとは、少し違うんです。
これは、文章で説明しても、なかなか・・でも、練習してコツがつかめればすぐにわかります。

私、佐藤、実はそこまで運動能力が高いわけではなく。
なんと、逆上がりはできない、腹筋運動も大の苦手。

だけど、いつの間にかこんなことがヒョイっとできるようになりました。

­

 

200時間講座の養成生さんにも伝授してきて、コツがつかめてきたところ。
先日バンダを締めただけでポーズが随分変わって、びっくりでした!

チャンドラのグループレッスンでも、お伝えすることはできますが、時間が少しかかるので、講座に出ていただくのが一番いいかもしれません。

コツをつかむのには、やはり練習は必要ですね。
実は近道はなく、長い目で見てひたすら練習。これが大切です。